先般の「コロナ禍」により個人の生活だけに留まらず、全世界、

企業及びその他の隅々まで「辛抱」と「変化」を余儀なくされた

状況ですよね。

全ての人がマイナスな要素を中心とした問題として、特にマスコミ

全般は伝え続けている様に思います。

当然、今までとは違う仕組みを構築せねばならない訳ですから

戸惑いは「やむを得ず」という事でしょu

営業という職種形態の変化はもう始まってい

BtoBという営業スタイルも含め、店舗の対面販売までも

その可否を改めて考えなおさねばならない時代に突入

してしまったという感がありますよね。

例えば、リフォーム業等では「テレアポ」+「ウエブ会議ツール」

の採用、取入れを既に始めている企業もある様です。

今までは対面での対応が中心で、その補足の為にDMや各種資料

等を利用し、大企業はプレゼンの為に会場を設けて大大的な

提案営業を行って来たわけです。

これに替わる方法として複合的にジョイントした方法や又は、

全く新しいシステムを丸ごと構築し直す等「風雲、急を告げる」

様な対応が必要となって来ました。

個人的に言いますと「変化」という言葉には、徐々に歳のせい

もあるのか、辛さと憂鬱さに気を取られてしまい本来するべき

方向性をしっかりと決定できないのは企業も同じ様ですかね。

「ピンチはチャンス!!」と昔からいわれていますが、いち早く

決めた方向性を実行して行くのは人間としての独特のサガ(性)

の様です。

変革したら実行して集中するだけです。間違ったらまたやり直す。

我々人間に取っての永遠のテーマなのかも知れません。

今までも個人でみると、メール・LINE・twitter・Youtube 等

SNSもかなり使用頻度は上がってきたはずですが、日本という国

はIT・後進国だそうです。(?)

会社でもオンラインで既に会議もしていたり、かなり面倒な

機関システムを「やっとの思いで」使用したりで目を見張る様

になって来ていますが、それでもですか?(笑)

ただし、対お客様にたいして、言ってみればいくら便利な道具

とは言えNET上で商談を進めていけるか?という疑念は払拭

できないという事はありますね。(日本人的か?)

一方で今までやって来た事に無理・無駄・不合理性はなかった

のかという事にも目を向けていかねば本当の意味での変革は

できませんよね。

ほんとうは客先にもかなり迷惑がかかっていたんではないか?

という疑惑と、ひたすらポジティブなとらえ方を強要する訳

ではありませんが、「ハッキリ」と見つめ直すチャンスだと

考えるべき時期かも知れません。

重要なのは今まで避けてきたものを徹底して利用したおして

集中して実行するだけです。

営業の考え方の根本が変わるのではなく道具の使い方が変わるだけ?

今までも個人でみると、メール・LINE・twitter・Youtube 等

SNSもかなり使用頻度は上がってきたはずですが、日本という国

はIT・後進国だそうです。(?)

会社でもオンラインで既に会議もしていたり、かなり面倒な

機関システムを「やっとの思いで」使用したりで目を見張る様

になって来ていますが、それでもですか?(笑)

ただし、対お客様にたいして、言ってみればいくら便利な道具

とは言えNET上で商談を進めていけるか?という疑念は払拭

できないという事はありますね。(日本人的か?)

一方で今までやって来た事に無理・無駄・不合理性はなかった

のかという事にも目を向けていかねば本当の意味での変革は

できませんよね。

ほんとうは客先にもかなり迷惑がかかっていたんではないか?

という疑惑と、ひたすらポジティブなとらえ方を強要する訳

ではありませんが、「ハッキリ」と見つめ直すチャンスだと

考えるべき時期かも知れません。

重要なのは今まで避けてきたものを徹底して利用したおして

集中して実行するだけです。

営業の行動も実際にに変化しないと意味なし!

営業の行動も実際にに変化しないと意味なし!

営業というと昔から「足」で稼げとか、「まずは行って挨拶してこい」

とか(古典的)な指令を飛ばす会社もいまだあるようです。

100%悪いとは言いませんが、このような「コロナ禍」になる前

は何かと言えば「AI化」によって無駄を省き、人件費削減と言って

いながらも「ビジネスはコミュニケーションによるコンセンサス」が

大事だからと対面してどころか「一席もうけて」等、古典的な手法

であえて自分の仕事作りをしている人達もまだいましたよね。

考え方の根本も同時に変化させる時なのかもしれません。

営業は売り上手(売り子)な人がもてはやされていた傾向が

ありましたが、これからは本当の意味での提案営業

(昔から言っていたんですが?)本物はなかったのかも知れません。

しっかりした根拠(資料・データ・分析)を同時に提案できる、

尚かつ、絶対的な共感をを得る事ができる「人間性」を含む

能力が必要になってくるという事です。

現代風というのか、スピード感や誠実感は当たり前のベース

として身に付けているのは言うまでもありませんが、今まで

のちょっと「昔風」ないい加減な風潮引きずっている場合ではないです。

まとめ

・本当に営業の変革を考えなおす時代に突入してきた。

・変化したら、実行して集中するだけです。

・今までやって来た「無理・無駄・不合理」も一緒に見直す。

・営業としての根本の考え方を同時に見直さないといみがない。

おすすめの記事