マーケティングとは?:企業(組織)が行う活動で「顧客が真に

求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその

価値を効果的に得られるようにする」為の概念。(Wikipedia)

と説明されますが、もう少し単純に考えますと、

営業マン(売り子?)のためにその「商品の売り方を企画する」

という考えで良い様に思えます、「売れる仕組み」ですね。

マーケティングの種類(活動)

・市場調査(リサーチ)~モニターへのアンケートや各種データを

調べ、顧客の年代・性別等からターゲットを絞り込み、

書く階層の反応を情報として取り入れて行く作業。

・広告宣伝~良い商品であっても、それを知ってもらわないと

販売にこぎつけません。

TV、各誌上に広告の他、インターネットの検索、SNSを

利用してアクセスを集める比率としても大きくなっています。

・マスメディア(TV,ラジオ、新聞、雑誌の4大マスメディア)、

デジタルマーケティング(検索エンジン・ポータルサイト

・SNS~);現在、最も費用対効果が大きいと言われてます。

・SP広告(イベント、マスコミに無料で載せてもらうPR、

口コミを広めるバズマーケティング)。

*これらの効果は常に効果を検証して、次へのアクションに

繋げて行く配慮が必要です。

現在では各種宣伝を単一で効果を期待する事ができない時代に

なって来ました。

例えば、店舗、EC,スマートフォン等、複数の媒体を自由に

動き回って、調査してから行動・決断する傾向が強くなって

いる為、更に研究が必要になって来ています。

マーケティングと営業の違い

中小企業ならいざ知らず、営業の仕事とマーケティングは本来

別途の部門として推し進めてゆく(分業?)様でないとかなり

難しいし、各営業マンにかなりの負担を強いてしまうのが現状

だと思います。

もちろん、どちらが上でどちらが下という様な変な壁を作って

いる場合でなく、現場(客先に一番近く)にいるのは営業マン

なので、その情報はいつも吸い上げられる状態と顧客への冷静

で客観的な把握を常に心がけて行くのはマーケティング部門の

大事な役割と言えます。

マーケティングと言うとどうしても市場調査の事と思いがちでした

が、それは全体の中でほんの一部にすぎず、かなり広範囲な販売

までに至る、いわゆる「販売戦略」を全て扱う事になります。

ただし、中小企業等では現状はほとんどが営業がマーケティング

も兼ねてしまう様な仕事のやり方になるのはしかたない部分

がありますね。

もちろん、それはデメリットばかりでもなく「販売戦略+営業」

の強みは小回りの利くサービス・提案にもつながりますので逆に

マーケティングの重要度を改めて再認識する効果もあります。

今後のWebマーケティングの必要性は?

ホームページやブログ等で顧客の流入、離脱、回遊をデータ

分析し、検証を行うWebサイトの登録やPV(Page View)数の

管理を行います。

今後は更にSNSや動画の利用増加は著しいので、ユーザーとの

接点をいかに多く作って、しかも顧客満足度を大きくして行く

か?が最重要項目になってくる筈ですね。

これは業種・業態を問わず必要な方向性と言って良いです。

営業の「数字;販売成果」だけでなく「Webマーケター」の

存在感も大きくなり、分析と検証も明確な日常の取り組みに

依り成果が実感され易くなると更に相乗効果としての数字での

結果につながりやりがいも大きくなって行きます。

半面、これだけ「情報戦略」も多岐に渡りますと、そこから

適格な選択・判断・精査の力が要求されますからかなり厳しい

評価もされるという事も意識せねばなりませんね。

まとめ

・マーケティングとは「売れる仕組み」を作る役割である。

・マーケティングの活動は市場調査、広告宣伝(4大マスメディア、

デジタルマーケティング、SP広告、その他(イベント、マスコミ

、バズマーケティング)と大変はば広くドンドン変化して行く。

・マーケティングは「販売戦略」、営業は戦略にそって販売する。

おすすめの記事